chapter01-1:なぜpremiere proで編集するのか?

【作って覚えるpremiere proの基本】premiere proがどんな編集ソフトなのか知ろう

チュートリアルで使用する素材のダウンロードはこちら

まずは「扱えるファイルの形式が多い」ということです。使用する素材を集めて、いざ編集を始めようと思っても、編集ソフトが素材ファイルの形式をサポートしていないと、変換する必要があったりとなかなか骨が折れます。

premiere proは一般的に使用される動画ファイル形式のほとんどをサポートしています。動画ファイルだけでなく、adobeのphotoshopのファイル形式であるPSDファイル、illustratorのAiファイルなども、そのまま取り込めます。素材をAiファイルやPSDファイルで受け取ることは、よくありますので便利かと思います。

扱えるファイルが多い、つまり、できることが多いということは、それだけ、目指す動画が作りやすいということになりますので、それがpremiere proで編集する一つの理由になるかと思います。

次に「ネット上に情報が豊富にある」ことです。ここ数年、プロ・アマどちらにおいても、premiere proを使用しているという方が多い印象を受けます。

編集ソフトに限らず、シェアが大きいツールを使うことはメリットも大きいといえます。なぜなら、それだけ、この動画のようにチュートリアルなどの情報が豊富に出回ることになるからです。

最初は“何が分からないかが分からない”というゼロの状態だと思います。しかし、ある程度分かってくると、ネットで検索すれば情報がたくさん出てくるので、スキルも身に付きやすい、というのがpremiereのいいところです。是非、このチュートリアルを通してゼロからイチになって、いいスタートダッシュを切ってください。

関連記事

  1. chapter03-3 テロップにエフェクトをかける(ディゾルブ)

  2. chapter02-8 クリップにスローをかける

  3. 作って覚えるPremiere Proの基本 動画編集スキルをゼロからイチに

  4. chapter03-6 モーショングラフィックステンプレートを使ってみよう

  5. chapter02-4 ワイプ(ピクチャーインピクチャー)を重ねる・シーケンスを素材のように扱う

  6. chapter05-2 オーディオトランジションを追加する

  7. chapter03-5 キーフレームでテロップに動きをつける・イーズインアウト

  8. chapter03-1 グラフィックでテロップを追加する

  9. chapter01-2 プロジェクトを作ろう プロジェクトと素材の関係