テロップ素材の使い方

テロップ素材ってなに?

テロップ素材を使えば、時間がかかる凝ったテロップ演出を、動画に素早く簡単に追加することができます。
テロップ素材には、movファイル(動画)、mogrtファイル(モーショングラフィックステンプレート)、pngファイル(静止画)があります。

movファイルの素材

movファイルのテロップ素材には、アニメーションがついたテロップベースやテキストがあり、シーンに応じた世界観を演出したテロップを作るのに役立ちます。
アルファチャンネル(透過)を持ったデータなので、シーケンスの上に重ねるだけで使用できます。あとはアニメーションに合わせてテキストを追加するだけです。
さらにSE付きの素材も多く、編集作業を軽減することができます。
テロップ素材のmovファイルは、Adobe Premiere Pro、Final Cut Proでサポートされているコーデックです。(その他の編集ソフトではサポートされていない可能性があります。)

mogrtファイルの素材

mogrtファイルも同様に、アニメーションがついたテロップベースなどで世界観を演出でき、デザインされたテキストデータも含んでいるので、テロップ入れの作業を軽減することができます。
さらに、テキストの内容・フォント・カラー・サイズ・位置などを自由に変更できるので、とても便利です(変更可能なプロパティは素材によって異なります)。
SE付きの素材も多く、編集作業を軽減することができます。
mogrtファイルはAdobe Premiere Proで使用できる素材です。(Adobe以外の編集ソフトではサポートされていません。)

mogrtファイル素材の使い方はとても簡単

pngファイルの素材

pngファイルはアルファチャンネル(透過)を持った静止画で、主にテロップベースの素材です。
movファイル・mogrtファイルに比べて、ファイルサイズが軽く様々な編集ソフトでサポートされています。

関連記事

  1. eotoyaの使い方

  2. 編集ソフトで素材が使えるかチェック

  3. トランジション素材の使い方

  4. 背景素材で世界観を演出

  5. 特殊効果素材の使い方

  6. mogrtファイル・モーショングラフィックテンプレートとは?