chapter05-3 エッセンシャルサウンドでノイズを軽減する

【作って覚えるpremiere proの基本】オーディオの編集

今回はエッセンシャルサウンドでノイズを軽減する方法です。

「中継」のシーケンスで編集した「墜落現場」のクリップで作業をしていきます。
墜落現場のシーンではリポーターの声の他に、「シュ~」という音や、人混みの「ガヤガヤ」した音が入っています。こういった撮影時にマイクが拾った現場の音をノイズと呼びます。

通常こういったノイズは臨場感を表現する上で重要なのですが、今回はあえて軽減して、リポーターの声を聞こえやすくしてみましょう。

中継のシーケンスを開いて、ワークスペースをオーディオにしておきましょう。

「墜落現場」クリップを選択して、画面右側にあるエッセンシャルサウンドのパネルから、オーディオタイプの「会話」を適用します。

「修復」の中にある「ノイズを軽減」にチェックを入れます。オンオフして聞き比べてみてください。ノイズが小さくなっているがわかるかと思います。

適応量は現在5になっていますが、これを大きくしすぎるとリポーターの声に違和感が出てしまいます。
一度10にして聞き比べてみてください。リポーターの声はこもって聞こえるはずです。
今回の最終的な数値としては、3くらいが良さそうです。

エッセンシャルサウンドの「修復」では、「ノイズを軽減」の他にも、ハムノイズを除去したり、リバーブ(響き)を軽減したりすることもでき、非常に便利な機能なので是非使ってみてください。

関連記事

  1. chapter03-1 グラフィックでテロップを追加する

  2. chapter06-1 書き出しの設定

  3. chapter02-8 クリップにスローをかける

  4. chapter01-1:なぜpremiere proで編集するのか?

  5. chapter02-7 動画から音声だけを切り離す

  6. chapter04-1 Ultraキーでグリーンバック撮影した素材の背景を切り抜く

  7. chapter05-2 オーディオトランジションを追加する

  8. chapter03-6 モーショングラフィックステンプレートを使ってみよう

  9. chapter05-1 BGMを追加する・ミキサーで音量を調整する